ジャパンスイミングスクールとは

ジャパンスイミングスクールについて

ジャパンスイミングスクールは、高松校、丸亀校、三木校、観音寺校にそれぞれのスクールを構え、お子様のスイミングから選手育成まで幅広く対応させていただいています。
ベビースイミングから水に親しむことができ、それぞれのお子様の能力に合わせた指導を心がけています。


高松校


三木校


観音寺校

指導方針

お子様はそれぞれ個性があるように、水泳技術における習得にも個人差があります。
当スクールでは担当するお子様とコーチの人数にも配慮し、できるだけ個人個人に行き届いた指導ができるように細かな配慮をしています。
また、お子様の着衣泳の実施や、コーチの救命救急法の習得など、安全面にも配慮をした指導を心がけています。

選手育成

全国レベルのジュニアスイマーを数多く輩出し、四国屈指のチーム力を誇る、 当スクールのスペシャリストクラスです。
水泳技術や体力の向上だけでなく、豊かな人間性や、強い精神力、卓越した集中力を養うことを目的としたクラスです。

香川県スイミングクラブ対抗水泳競技大会では丸亀校が最多優勝回数を誇り、スイミングクラブNo.1を決める新年フェスティバルではジャパングループが10連覇(2008年~2017年)を達成いたしました。(高松校1回、丸亀校7回、観音寺校1回)

クラス編成は、トップクラス・ミドルクラス・ジュニアクラス・IJSクラスの4クラス編成で、年齢及び泳力に応じてトレーニングをしています。

OBには、
田渕 晋選手(インターハイ・国体優勝・シドニー五輪・アテネ五輪日本代表)
今井 孝選手(全中・国体・全国ジュニアオリンピック優勝)
大川 順平選手(全国ジュニアオリンピック優勝)
園中 良次選手(インカレ優勝・世界水泳2007日本代表)
徳田 貴人選手(インターハイ優勝)
高畑 えみ選手(インターハイ優勝、全国ジュニアオリンピック優勝、アジア選手権日本代表)
など、香川を代表する優秀な選手が数多くいます。